〈名古屋〉美容外科美容整形口コミ.com トップ > 美容整形の基礎知識 > 美容整形後のケアは重要!

美容整形の基礎知識

Lesson 04

美容整形後のケアは重要!

美容整形後のケアを充分に施すことで、「効果」や「持続性」は大きく変わります。
美容外科によってケアの仕方は異なります。

手術中だけが「美容整形」ではありません。手術前の「カウンセリング」、手術後の「アフターケア」全てが揃ってこそ美容整形なのです。とはいっても、美しくなりたいと気持ちを高鳴らせている手術前に、手術後のことを考慮する余裕を作るのは難しいと思います。しかし、この「アフターケア」を怠ると、美容整形の「効果」や「持続性」が衰えてしまいます。アフターケアが万全な美容外科を選ぶか、もしくはセルフでのケアを充分に施しましょう。

アフターケアとは?

アフターケアとは、手術後に施すケアのことです。アフターケアの内容は、美容外科によって異なりますが、大まかにいうと「抜糸」や「傷口修正」「患部のマッサージ」などがあります。手術方法によってアフターケアを有する期間は異なります。傷口を縫合した場合、抜糸をするのは手術から約3日〜1週間後です。抜糸後も痛みや腫れが続くことがあります。また、傷口が跡にならないように、完治するまで日焼けに注意しましょう。これも大事なアフターケアのひとつです。脂肪吸引をした場合、急に脂肪細胞がなくなったことで、患部が腫れたり、むくんだりします。それらを防ぎ綺麗に痩身するために、脂肪吸引を施した患部を包帯やストッキングなどを使用し、自分で圧迫する必要があります。自宅で行うセルフケアから、美容外科が行ってくれるケアまで、アフターケアは様々です。しみ取りやほくろ除去でも再発を防ぐために、美容外科でアフターケアの方法をしっかり習いましょう。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、手術後に生じる「痛み」や「腫れ」、内出血などの「手術跡」がが治るまでの期間のことです。手術方法によってダウンタイムの期間、重さなどは違います。そのため、ライフスタイルに合わせて手術方法を選択するようにしましょう。ダウンタイムが長いとされている手術を希望する場合、あらかじめ会社や学校をある程度休めるように調整すると良いでしょう。体質によって、全く痛みや腫れを感じない人もいれば、起き上がることすら困難な人がいます。ダウンタイムは急激な変化に体が対応している期間だといえます。綺麗に定着させるためにも、無理をせず安静に過ごすようにしましょう。内出血などの手術跡には、あざや赤みも症状に含まれます。軽い症状の場合、メイクで隠すことが出来ます。症状が悪化しないように医師の指示に従いましょう。美容外科での手術の仕方や患者の体質によって異なるため、カウンセリングでしっかりと確認しましょう。

ダウンタイムを最小限に抑える治療方法

手術方法によってはダウンタイムを軽度に抑えることが出来ます。特にメスを使わず皮膚を切らない美容整形方法は、手軽な分ダウンタイムも短いといえます。それらは「プチ美容整形」として親しまれていますが、効果や持続性が人によっては物足りないと感じる可能性があります。そのため、ヒアルロン酸注入による「豊胸」や「若返り」「涙袋」などは定期的に受けることをオススメされています。しかし、手術中から手術後まで、痛みや腫れがほとんどないことから、非常に人気の高い施術です。痩身治療では、注射をするだけで脂肪を分解、除去出来る脂肪溶解注射がダウンタイムを有しない施術方法にあたります。傷口がほとんどないため、術後すぐにメイクをして帰宅することが出来ます。激しい運動や入浴に制限がある場合がありますが、日常生活に支障をきたすことがあまりないため、翌日から会社や学校へ行くことが出来ます。ダウンタイムを抑えたい人は事前に医師に相談しましょう。